時計の機械式とクオーツ式の違い

ビジネスパーソンにとって欠かすことのできない重要なビジネスツールの一つとして腕時計は欠かすことができないと言っても過言ではないでしょう。
腕時計はビジネスパーソンの必須アイテムとして紳士服店でも売られているほどですし、会議の際に時間を計ったり外回りをする営業マンなどにとっては特に重要なツールとなります。
学生時代までであれば時間の確認はスマートフォンに備わっている機能で事足りるでしょうが、社会人ともなればいつでもどこでもスマートフォンを取り出せるものではありません。
社会人の嗜みとして腕時計は非常に重要なのです。

また、実用面以外でもおしゃれのためのアイテムとしても重要な役割を果たします。
一日中制服やスーツで過ごすことの多いビジネスパーソンにとっては、腕時計は唯一と言ってよいほど自分のアイデンティティーが表現できるファッションアイテムとなります。
腕時計にはおしゃれなデザインや凝ったデザインのものも多く、自分の趣味にあったものを身につけることでより仕事にも身を入れることができるでしょう。

現在、市場で流通しているタイプは大別すると2種類となり、機械式とクォーツ式にわけられることとなります。
機械式はゼンマイとテンプを動力としており高級品と呼ばれるジャンルの製品の多くは機械式となっています。
機械式は高級感があるものの精度は高いとはいえず、一般的なもので一日に10秒前後のズレが生じることとなります。

参考:さいたま市 時計買取

一方でクォーツ式は電池で動くタイプの製品で、比較的安価なものが多くなっています。
精度は機械式よりも高く、一般的には一ヶ月に15秒程度のズレが生じることとなります。

これにアンテナが搭載させ、標準電波を受信して時刻の自動修正を行なう機能をもったったものを電波時計といいます。
クォーツ式とムーブメントは同等ではありますが、毎日時刻修正を行なうため電波時計はズレが生じません。
時計選びで失敗しないためにも是非とも多くの知識を蓄えましょう。