ラパン・アジル、一宮市祐久字九百坪の田園風景にたたずむ人気カフェ

店名:ラパン・アジル
住所:愛知県一宮市祐久字九百坪224-2
電話:0586-69-6625

ラパン・アジルは一宮でもちょっと伊那合羽井雰囲気のある所に位置しており、水田の中にひっそりと佇む、カントリースタイルのカフェです。

ヨーロッパという感じの雰囲気は外観だけではなく、内観もアンティーク調のおしゃれな感じになっていてまさに田舎の懐かしい雰囲気とおしゃれさを感じさせるお店。
周囲の雰囲気ともマッチングしているんじゃないかと思います。

ラパン・アジルはなかなかの人気店で、お客さんが結構多く人気があるようです。
少し待つことになりましたが、ちょっとワクワクして待っています。

ラパン・アジルでは、店内でクロワッサンモーニングを注文してみました。
クロワッサンの中には、サニーレタスにポテトサラダをはさんだもので、見た目はばっちりというほどのきれいなもの。
これがここで食べた中では一番美味しく、素晴らしい出来だと思っています。

モーニングでついてきたヨーグルトに関しては自家製の苺ジャムがついていたようで、これもまたほどほどの酸味と甘みがあってかなり良好でした。
ラパン・アジルは隠れ家的ないい雰囲気とおいしいモーニングで、なかなかいい感覚を味わうことができるいいお店だと思います。