ゲームを売るならゲオ買取が少し高い価格で売れる!

近所にはブックオフ、ヤマダ電器、ゲオとゲームを売れる場所が三店舗ほどあるのですが、掲載されている買取価格はゲオが高い場合が多いです。

その為、新作のゲームを購入して一通り遊んだ後は売るという作業をするのには、ゲオが向いています。
ただ、ゲオは古いゲームや値段が付かないゲーム買取に関しては弱めの印象があります。

以前に福袋で購入した不要ソフトをまとめて持ち込んだ際には、二束三文の値段になってしまったので持ち帰りました。
けれどやはり邪魔だったのでブックオフで査定を依頼した所、15%程度値段が高く付きました。

何を基準に見ているのか分からないですが、査定の速度的にブックオフでは一定のゲーム以外は全て同価格で買取しているようでした。
ゲオは査定が長めだったので、ちゃんと値段を調べて付けていると推測します。

ヤマダ電器は販売価格が高めな割りに買取価格が安いので余り利用していないですが、面倒で無ければ全てのお店で査定を依頼して比較検討するのが、一番値段を高く売る方法かなと思います。

勿論そんな事は手間ですし、迷惑な客とも思われそうなのでしていません。
新作ゲーム以外は、人気タイトルでもなければ寄付同然の値段になる事を承知で、変に期待せずに持ち込みするのが良いでしょう。

参考:ゲームを売るならゲオ買取?

ゲオのゲーム買取の体験談

ゲオで古めのゲームを100本以上打ったことがありますが、本当に平均的な値段で買ってくれるショップだと思います。
特に人気のない古いゲームソフトでも、50円が平均買取だったと思います。
たまに在庫多く抱えているソフトなどは、10円買取にされた記憶があります。

しかし、ゲームをいろいろなショップで売ったことがある人はわかると思いますが、ゲオのような平均的な買取ができるショップというのは珍しいと思います。
40円とか5円とか向こうも商売なので仕方がないと思いますが、とことん細かく削れるところは削って買取をしてくる店があるからです。

特にプレミア価格のついていないゲームなら、他の店舗と併用せずにここ1本で売ってもいいような気がします。
よくある、ゲームの箱や帯の有無、説明書等の状態で減額されるというケースに遭遇したことが誰でもあるでしょう。

ゲオはそこまで厳しくゲームの付属品の状態を、チェックしないと言うのが大きなポイントかもしれません。
少し位の説明書のキズや汚れ、ケースのが少しぼろくなっているとか、そういった類の事は減額の対象にならないと思います。

またオンラインじゃなく自店舗で売る場合は、ゲオ店員の対応も良かったので安心して売っていました。