とり新、京都の老舗鶏料理屋で数量限定の親子丼を食べる

店名:とり新
住所:京都府京都市東山区祇園縄手四条上ル
電話:075-541-4857

京都には老舗がたくさんありますが、鳥料理の老舗といえばとり新。
いかにも京都という街並みの祇園にあるお店です。

とり新のランチメニューはいたってシンプルで、親子丼のみとなっています。
値段は750円と、老舗のメニューにしては安い。

親子丼なのですが、1日の数量が決まっています。
そのため、早めに行った方がいいです。

私が行ったときは人気店だからか、けっこう人が並んでいましたから。
さて、どのような親子丼が食べられるのか。

とり新の親子丼は半熟の卵とじて、さらにその上に黄身が乗せてあります。
丼ぶりも少し小さめだからか、上品で洗練された親子丼に見えました。

食べてみると見た目だけでなく、味も洗練されていました。
半熟の卵がふわふわで、甘辛な出汁が染み込んでいて美味。

ご飯と一緒に食べると最高です。
さらに上に乗っている黄身を崩して食べると、よりマイルドな味になります。

鳥の肉汁と出汁、黄身の味がそれぞれ混ざり合って良い感じになっているんです。
お肉もほどよい食感で、火の入れ方が上手いなと思いました。

親子丼ってどこで食べてもそんなに変わらないと思っていたのですが、さすが老舗。
シンプルな料理ほど、違いが出ると感じました。

とり新の老舗の雰囲気を感じつつ、最高の親子丼を食べることができました。